鳥取県×日本財団 共同プロジェクト

『日本一のボランティア先進県』

プロジェクトについて

最近のブログ記事

HOME
活動レポート
情報発信

鳥取県の魅力を伝えるフィールドトリップを開催(6月19日~21日) (1/1)

6月19~21日に、鳥取県の魅力を県外に伝えることを目的に、写真家、著名ブロガー、WEBメディア対象のフィールドトリップを開催しました。

「日本の面影」をテーマに写真を撮っている写真家のエバレット・ブラウン氏をはじめ、著名ブロガーのイケダハヤト氏、女性をターゲットとした旅の情報発信を行う「ことりっぷ」、暮らしや生き方をテーマとしたWEBメディア「灯台もと暮らし」、編集者、映像作家、地域づくりに関わるコーディネーターなど、9名の方に参加いただきました。

訪問地は日本遺産三佛寺投入堂と世界屈指の高濃度のラドン温泉がある三朝(みささ)町、日本の美しい村100選のひとつ智頭町です。宿泊には民泊を利用し、歴史、自然、人に触れ、メディアの視点から鳥取の魅力を発見するフィールドトリップとなりました。

DSC_3767.jpg
写真:三朝町小鹿渓(おじかけい)の視察

DSC_3977.jpg
写真:三佛寺文殊堂にて、副住職より説明を聞く参加者

DSC_4183.jpg
写真:県知事表敬訪問

DSC_43072.jpg
写真:智頭町のパン屋『タルマーリ』を取材

DSC_4632.jpg
写真:新田人形浄瑠璃を体験

フィールドトリップから1週間、参加ブロガー徐々に鳥取県の情報発信を行いはじめています。

【鳥取智頭町】 哲学系パン屋「タルマーリー」訪問!渡邉格さん&麻里子さんの話を聞いたよ。(イケダハヤト氏)
[動画あり] 国宝にして、日本のオーパーツ「投入堂」。難易度高すぎるので子連れは無理だよ!(イケダハヤト氏)
【板井原集落】鳥取の山奥に「空き家となった古民家だらけの集落」があった。ジャックしたい......。(イケダハヤト氏)
【智頭町】鳥取の山奥にパラダイスがあった。「みたき園」がすごすぎて価値観崩れる。(イケダハヤト氏)
地域のおもしろい人たちを訪ねてまわる「もとくらツアー(仮)」を企画したい。(灯台もと暮らし 鳥井弘文氏個人ブログ)

今後もフィールドトリップを行うとともに、参加したメディアの方たちととも鳥取の情報発信方法を探っていく予定です。

ページの先頭に戻る