このプロジェクトで目指そうとしていること

鳥取県では、智頭町におけるゼロ分のイチ村おこし運動やジゲおこし運動など、以前から住民主体による地域起こしの活動がさかんに行われてきました。
今でもそうした相互扶助の精神をいろいろなところで見ることができます。
しかしそのような素晴らしい風土も、放っておくと劣化していってしまいます。

本プロジェクトでは助け合いの精神を持った鳥取県において、そうした風土が色褪せることのないよう、住民主体による暮らし豊かな地域づくりを応援していきます。

プロジェクトコンセプト

戦後復興の中で右肩上がりに増えてきた人口が、2000年頃をピークにして減少に転じる一方で、高齢化が進み、社会保障負担の圧力は増してきています。
こうした中、社会構造の大転換に迫られているのが今という時代であり、その影響を大きく受けてしまうのが地方なのです。
私たち日本財団は、鳥取県というフィールドにおいて、交通や地域医療、障がい者の社会参画等、今後の日本社会の中で重要となる事業領域を特定し、自治体や民間団体等と連携しながら、課題解決に向けた取り組みを行っています。

プロジェクト概要

プロジェクトの概要