2 Weeks Voluntech Action in 鳥取 開催されました


地域や社会の課題に対して、NPOとエンジニア、行政関係者や大学関係者が知恵を出し合いながら解決策を考える2 Weeks Voluntech Action が、2/21から3/5の2週間にわたって開催されました。
以下の10チームに分かれて、アイディア出しから簡単なウェブアプリケーションのデモまで制作が行われ、3/5にその発表が行われました。

2 Weeks Voluntech Actionの様子1
2 Weeks Voluntech Actionの様子2

発表されたチームは以下の通りです。

・『「今どきの若者」はこんなものじゃないでちゃんと見てくれ』(若者の地元定着)
・鳥取の好感度アップ(クリーンな街による好感度アップ、観光リピータの増加)
高齢者王国(健康で自由に活動できる高齢者シティ)
カレイなる子育て!~子育てと仕事の両立!!~(病児保育環境の充実、予約システム確立)
地域企業×子ども(地元企業情報の確実な提供、インターンシップ充実)
Fab創庫(古民家、古物情報の需要と供給情報の共有化、創造的人材の増加)
人の集まりの見える化(リアルタイムなイベント、賑わい情報、まちづくり情報の共有化)
とっとりの時を楽しむ(わかりやすい公共交通、高齢者の危険運転減少)
障がい者のつどい(重度身体障がい者関係者が集まり支え合う機会、情報交換、イベント開催)
健康寿命と平均寿命との差をゼロに!(健康寿命の引き上げ)

2 Weeks Voluntech Actionの様子4
選考委員会による審議の結果、選ばれたのは以下の通りとなりました。
受賞された皆様、本当におめでとうございます。

日本財団賞:
Fab創庫工作部隊「Fab創庫」(古民家、w古物情報の需要と供給情報の共有化、創造的人材の増加)

Code for Tottori賞:
村人A「Tottopia」高齢者王国(健康で自由に活動できる高齢者シティ)

首都大学東京 渡邉研究室賞:
人に会える鳥取「人に会える鳥取」(リアルタイムなイベント、賑わい情報、まちづくり情報の共有化)

羽鳥審査員賞:
子持ち40%「カレイなる子育て」(病児保育環境の充実、予約システム確立)

【関連リンク】
http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/66CC748A7A99D1B549257F6A0009B996?OpenDocument

 

filed under: