11月1日「鳥取県×日本財団共同プロジェクト顧問団会議」を開催しました。


鳥取県と日本財団が地方創生の全国モデルを目指す共同プロジェクトに向けて、昨年11月の鳥取県×日本財団共同プロジェクト協定締結から約1年が経過することから、県内市町村長、各業界団体代表等により編成する「顧問団会議を開催しました。
会議では、「小さな拠点」道の駅モデルや工賃向上モデル、鳥取助成プログラムといった現在の取組状況を報告し、今後の方向性の協議を行いました。

鳥取県×日本財団共同プロジェクト顧問団会議

・日 時:平成28年11月2日(水) 10:45~12:15
・場 所:米子全日空ホテル 飛鳥(2階)
・参加者:鳥取県知事、日本財団笹川会長、顧問団山田会長、顧問団(県内19市町村及び関係団体)

 

平井知事挨拶

平井知事挨拶

 

笹川会長挨拶

笹川会長挨拶

 

共同プロジェクトの取組状況説明及び意見交換

共同プロジェクトの取組状況説明及び意見交換

当日の資料はこちらからダウンロードいただけます。

  • 次第(PDF 7KB) .pdf
  • 名簿(PDF 11KB) .pdf
  • ①鳥取県×日本財団共同プロジェクトの取組状況と今後の方向性(PDF 4,024KB) .pdf
  • ②鳥取県×日本財団共同プロジェクトの取組事例(PDF 1,374KB).pdf
  • ③鳥取県×日本財団共同プロジェクトの取組状況(PDF 2,655KB).pdf

 

filed under: